歯周病の治療法3

こんにちは、院長の宮野です。\(^_^ )( ^_^)/

お久しぶりです。

いろいろと忙しくてブログの更新ができませんでしたが(>_<)、

また始めるので、みなさんよろしくお願いします。(^o^)v


では、さっそくですが歯周病の治療法の続きを書きますね。


みなさん、しっかりと読んで下さいね。(^o^)v


◆詰め物・被せ物の修正治療

詰め物や被せものが合っていなければ、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなります。

そうなると、虫歯はどんどん進行しますし、歯周病も進行していきます。

ですから、詰め物、被せ物がしっかりと合っているか?を

歯医者さんで診てもらって下さい。

そして、これらが合っていないのであれば、しっかりと治療して下さい。


詰め物、被せ物が適合するようになるだけで歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため虫歯の再発や歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できるのです。



みなさん、わかりましたか?

いくらお口の中を歯磨きやクリーニングしても、詰め物や

被せものが合っていなければ、効果は激減してしまうのです。

ですから、定期的にレントゲン写真を撮ってもらいしっかりとチェックしてもらいましょう。\(^_^ )( ^_^)/


【医院データ】

【住所】 〒381-0042

          長野市稲田1-32-13

【TEL】 026-263-2323

【休診日】 祝日

【診療科目】 歯科、矯正歯科、

       歯科口腔外科、小児歯科

【Email】 info@clovershika.com

 

【院内ギャラリー】