キシリトール 1

こんにちは、院長の宮野です。\(^_^ )( ^_^)

 

今回は、キシリトールで虫歯予防できるの?

と、いうことでいきまーす。(^o^)v

 

まず、キシリトールは、1960年代から、病院で、栄養剤として使われていました。

この糖が、虫歯予防に役立つことが分かったのは、1970年代、

フィンランド・トゥルク大学のアリエ・シェイニン先生が、

キシリトールには虫歯予防の効果があることを発見しました。

その後すぐに、同じトゥルク大学のカウコ・マキネン先生とともにキシリトールを

虫歯予防に役立てるための研究を開始。

大学の職員と学生の献身的な協力を得て、食事に使う糖分をすべてキシリトールに

置きかえるという実験を行いました。

 

そして3年後、キシリトールだけを摂り続けたグループは、

通常の食事をしていたグループよりも、明らかに虫歯が減ったことが証明されたのです。

(〃゚O)スゲー!

 

そして、食事に含まれる糖分を、すべてキシリトールに変えた場合と、

普通の食事の後にキシリトールガムを噛んだ場合でも、

むし歯予防の効果にほとんど差がないことも分かりました。

 

マキネン先生たちの熱心な活動の結果、研究開始からわずか5年というスピードで開発し、

フィンランドでキシリトールガムが発売されました。

 

今では、ヨーロッパの国々や日本でも食後にキシリトールガムを食べる習慣が、

すっかり定着しています。

 

キシリトールが、日本の厚生労働省(当時の厚生省)で承認されたのは1997年。

その年に、マキネン先生は日本を訪れ、記念講演を行っています。

 

2002年には、日本のチューインガム市場でも、キシリトールガムのシェアが

40パーセントになりました。

 

手軽に毎日続けられる効果的な虫歯予防として、キシリトールは世界中に広まり続けているのです。

 

と、いうのが世間で一般的に知られているキシリトールの知識ですが、僕は、ちょっと違うと思っています。

それは、・・・・・・・・・・・・・・・


【医院データ】

【住所】 〒381-0042

          長野市稲田1-32-13

【TEL】 026-263-2323

【休診日】 祝日

【診療科目】 歯科、矯正歯科、

       歯科口腔外科、小児歯科

【Email】 info@clovershika.com

 

【院内ギャラリー】