ホーム > 症例紹介 > 難症例インプラント 

症例-難症例インプラント

【症例1】

50代男性前歯が折れたのでどうにかしたいとのことで来院。

左上の折れた歯は保存できなかったため抜歯しインプラント治療。

右隣の先端が折れた歯はオールセラミックで治療することにしました。

<治療中>


抜歯後、歯茎がへこんでいます、このままだと審美障害が生じてしまうので人工的に骨を造るのと、歯茎を移植していきます。


歯茎のへこみが治ったのでインプラント手術をしました。

インプラントも問題がなかったのでセラミックをいれました。審美的にも問題なく、はいりました。


Before


After



【症例2】

40代女性前歯がグラグラするのでどうにかしたいとのことで来院。

右上の2番目の歯は保存できなかったため抜歯しインプラント治療を予定しました。


<治療中>

抜歯後、歯茎がへこんでいます、このままだと審美障害が生じてしまうので、人工的に骨を造るのと、歯茎を移植していきます。


歯茎のへこみが治ったのでインプラント手術をしました。

インプラントも問題がなかったのでセラミックをいれました。審美的にも問題なく、はいりました。


Before


After



【症例3】

50代女性下の前歯に歯を入れたいとの事で来院。健康な歯を削ってブリッジにしたくないとの事でした。

 

インプラント治療を計画しましたがレントゲン写真や口腔内写真を見ると骨も歯茎もへこんでいます。

そのままインプラント治療してしまうと審美的に問題が生じます。

 

人工的に骨を造るのと、歯茎を移植する治療が必要な症例です。

Before



After

歯茎のへこみが治ったのでインプラント手術をしました。


【症例4】

40代女性噛むことができないという事で来院。 レントゲン写真や口腔内写真を見ると歯周病がかなり進んでいます。

歯周病の検査をすると上の歯は全て保存することができないくらい歯周病が進行してました。

 患者さんは入れ歯ではなくインプラント治療を希望されましたが、上の奥歯の部分は骨がないのでこのままインプラント治療をすることができないので造骨してからインプラント治療をすることになりました。

Before


After

上の奥歯の部分(副鼻腔)の造骨が終わりインプラント治療をすることができました。


【症例5】

50代男性右上の奥歯に歯を入れたいという事で来院。

レントゲン写真を見ると副鼻腔があり十分な骨がありません。また口腔内写真を見ると歯茎がへこんでいます。

患者さんはインプラント治療を希望されましたが、 このままではインプラント治療をすることができないので、造骨してからインプラント治療をすることになりました。

Before


After

レントゲン写真で確認するとしっかり造骨ができているのが確認できます。

口腔内写真では歯茎のへこみがなくなり審美的にも問題なくインプラント治療ができています。


【症例6】

50代女性右上の全然噛むことができないという事で来院。

口腔内写真を見ると上は前歯がなく下は奥歯がないという状態です。

確かにこのままでは噛むことができません。入れ歯も全然合わないとの事でした。

患者さんはインプラント治療を希望されましたが、レントゲン写真で確認すると色々と問題があり 、このままではインプラント治療をすることできないので、造骨してからインプラント治療をすることになりました。

さらに今回は噛み合わせの治療も必要になります。

Before


After

上の奥歯の部分(副鼻腔)の造骨が終わりインプラント治療をすることができました。

噛み合わせの治療も無事終わり問題なく食事することができるようになりました。


【医院データ】

【住所】 〒381-0042

          長野市稲田1-32-13

【TEL】 026-263-2323

【休診日】 祝日

【診療科目】 歯科、矯正歯科、

       歯科口腔外科、小児歯科

【Email】 info@clovershika.com

 

【院内ギャラリー】